Out of Twitter

2007年にアカウントを開いて、2008年中頃からぼちぼちつぶやき続けてきたんだけど、さすがにそろそろ飽きてきたので、昨日の仕事納めというのもいいタイミングかなと思って、いったんつぶやくのやめてみました。

いったん止めようと思った理由はいくつかあります。単純な事で言えば、自分のつぶやいたのを見返してみたんですが、つぶやきの情報は内容が単発化しているので、blogとかのほうがちゃんと内容がまとまっていていいなという率直な感想があります。ただ、それ以上に、僕が情報戦の一環としてTweetしてしまうことが、嫌になった(めんどくさくなった)というほうが強いかもしれないです。

情報戦といっても、別に嘘を書くのではなく、基本的には感じた事、思った事をタイミングよくつぶやくというだけです。でも、中身以上にタイミングや時間帯を合わせる事で思っている以上に見ている人たちには届くんだなというのを今年前半になって感じてました。具体的に言うと「○○した(したい)」みたいな行動を1週間に数回つぶやくだけで、その人はそれが好きなんだといった事を周りの人はなんの不思議もなく受け止めます。逆に言うと毎日会っていない人であれば、そのつぶやき=その人自身ということになります。なのでつぶやくタイミング・回数・内容をコントロールする事で必要以上の自分像を作り出す事が可能です。そんな事もあって、あんまり気軽につぶやいていると、そのつぶやきには全く関係のない人が不愉快になるんじゃないかとか、ちょっとずつ心配になって来ていた事も事実です。だからといって、嘘のこと買い手もしょうがないので、本当に思った事ばかり書いてましたが。ある意味、Twitter疲れといったものに近いかもしれないです。

あと、自分の悪い習慣なんですが、こういったツールがあると空き時間に必ず見てしまいます。1日合計すれば相当時間を無駄にしてしまうというのがあるので、いっそのことと思って実験的にiPhoneからクライアントを削除してみました。

アカウントはそのままにしてますが、数ヶ月はTwitterのなかった生活に戻ってみて、Twitterによって自分の生活にどんな変化があったのかを理解したいなと。所詮はWebサービスなので、そこまで真剣に考えなければいけないものではないんですが、この後どうやって進化していくのかとかも楽しみではあるので、改めて要素分解し、自分なりに理解して、今後のWebサービスのヒントを見つけれればとは思ってます。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.