JavaScript

世の中の流行に乗っ取って、mixiアプリに手を出そうとして、ドキュメントをのぞいてみたら、JavaScript(以下JS)がメインとなってた。もちろん、Flashを表面としてもいいんだけど、第一次接触はJS。OpenSocialのAPIがJSだからしょうがないのか。

JSはブラウザごとのバグ取りがめんどくさいというイメージがあって嫌い。ちゃんとエラー出してくれるならまだしも、ブラウザが固まるというかつてのIEのイメージがどうも根底にあって、全然手を出してこなかった。もちろん、Webを作る際に既存のものを修正したりとか、ソースをみればある程度はわかるけど、根本的にあんまい好きじゃない。

でも、昨今のブラウザ戦争(←言い方が古い。Netscape VS IE時代みたい)でも象徴されているようにJS挙動の早さが競われるほど、数年前のAjaxブームからWebアプリにおいては定着しつつあることは共通認識だと思う。で、僕も今更ながらmixiアプリをデビュー作にできればといよいよ手を出し始めた。ECMAScriptベースだから、ActionScriptと酷似してるからそんなに手間や時間はかからないとは思うけど。

基本、もちろん仕事ではないので、ちゃんとお日の目させたいなぁ。あっ、もちろんフロントエンドはFlashにするけどね。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.