HTML5

2008年ぐらいから、ちょこちょこ話題になっていたものの、ブラウザの対応が少なくいつ頃から流行るのかなと思ってたHTML5。ちょっと調べてみるとすでに結構いろいろなサイトで取り組みが始まっている。

PCのブラウザで見てもあんまり感動はないのはFlashがあったお陰で、この十年間の変化のなかったHTMLのブランクを埋めてくれていたことの証明に近い。ただ、FlashぎらいなAppleの端末上においては、ブラウザ上で誰もが作って公開出来る唯一の世界感を表現できるのはこのHTML5だけなので、非常に新鮮で感動を覚える。特にタッチパネルのIFでインタラクティブに動かせるのがたまらなく楽しい。

ただ、個人的にはせっかくFlashで覚えたノウハウをテクニカルな部分では一切使えないのが新しく覚えようと思っても手が動かない要因になってる。もちろんインタラクティブにした時注意点とかそういうノウハウは生かせるんだけど、どこをどうするとおなじ表現ができるのか、そもそももっと新しい表現ができるのかを覚えなければ。

何となくCSSに取り組み始めた2004、2005年の頃と同じ感覚がしている。きっとWebの世界は常にこの繰り返しなんだろうな。だから面白いんだけど。このサイトもFlash Version以外にもHTML5 Versionも作りたい。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.